知らない相続人にびっくり

叔父がなくなった時に、叔父には家族がいなかったので母親を含め兄弟で相続をすることになりました。その時、司法書士の指示で戸籍謄本を手に入れることにしたのです。その時、始めて取り寄せてびっくりしたことがありました。それは私のとって祖母が再婚だったと言うことです。そんなことは全く知らなかったので、始めて知ることになります。

母親は、聞いたことがあったのでそのことについて特にびっくりした感じはありませんでした。しかし再婚をする前の家族のことについては、全く知らないしあったこともなかったようです。

そして問題なのは、母親とその兄弟以外の祖母の前の結婚相手との子供にも相続権があるということです。私は法律を知らないので、そのことについてびっくりしています。認知した子供には相続権があるということを知っていましたが、そのことと同じことなんですね。

そして相続するお金について、かなりもめていました。やっぱり知らないもの同士なので、もめることが多いです。

癌が見つかり遺言をどうするか法律相談に

 突然、ステージ4のがんが見つかりました。1年以内に死ぬ可能性も高いと思いました。セカンドオピニオンを含め、がんとどう向き合うか悩みました。結局、手術で組織を切除し、その後入院しながら放射線治療と抗がん剤治療も行うこととしました。当然、死も覚悟しました。

 その時、私は妻とは20年近く別居中。別のパートナーと同居して7年という状況でした。財産と言えるほどのものは多くありませんが、少額ながらの貯金と住んでいるマンションは同居中のパートナーに相続したいと考えました。しかし、何もしないでおくと、別居中とはいえ戸籍上の妻と二人の子供に相続することになってしまうと思い、地元弁護士会が主催する無料の法律相談に顔を出してみました。実際に行く前に、電話で相談内容の概略を伝え、ある程度の準備をしてから行きました。担当の女性弁護士はじっくり話を聞いてくれました。細かいアドバイスを貰うことができました

 結局、公証役場に行って私の意向を公証人に伝え、遺言状を作ることにしました。公証人との話も、弁護士先生から事前にアドバイスをもらっていたせいもあったので、スムーズに進められました。

上司のセクハラで困りました

秘書として派遣社員で勤務していましたが、かなり上司がセクハラ的な感じだったので、とても仕事をするのが嫌になりました。ちょっとした冗談もセクハラ的なことをいうし、けっこう年配の上司ですが、私が着ている服装についても色々と言ってきますし、かなりストレスを感じることも多くなりました。なので日常生活においても出勤するのが苦痛に感じるようになり、派遣元の営業担当にセクハラの件を相談しました。上司にセクハラのことを伝えたようで、少しはおとなしくなりましたが、またしばらく経ったらセクハラをするようになったので、かなりストレスを感じることも多くなり、出勤できないような雰囲気になりつつあったので、派遣元に相談して職場を変えてもらうことにしました。今まで何度か派遣している子が変わったと聞いたことがありますが、やはり上司がセクハラする方だったので、そういうことなんだな〜と実感しました。こういうことが多々あるとかなり困ります。

ブラック企業に新卒で入社してしまった体験談

私が新卒で入社した会社はブラック企業だったということが出来ます。ですが新卒ゆえに他と比較対象がないし、言われたことを少々おかしいなと思っても只管働くしかない環境だったと言えます。

まず労働時間がすごく長かったんですよね。朝の6時と早朝からの勤務で夜は20時まで、間で休憩は食事をする10分だけというから今思うと恐ろしい会社です。しかも残業代が給料に反映されるのかと言えばそんなことはなくて全てサービス残業、休日出勤も同様でした。

1ヶ月に2日ほど休めたらいい方で、人手が少ない日や繁忙期はさらに勤務時間が増えます。終電で帰宅したり、始発で仕事をしたりと酷い状況でしたし、それだけ働いて社員なのにボーナスが出ない会社だったから時給換算すると500円以下だったと思います。

それで責任だけ押し付けられて大変な思いをするのですから、全然割りに合わないと結局2年足らずで辞めてしまったのです。その後は派遣として働いていますがその会社を辞めたことは全く後悔していないし、過労死などのニュースを見ると自分は辞めて良かったとシミジミ思います。

残業を求める事が多いお店は働きにくかった

今まで多くの職場を経験してきましたけど、その中に残業を求める事が多いお店も存在したのです。私が夜勤務している時は、土日祝日の事が多かったのでお店にとって忙しい日でした。また、私が退勤するのもまだお店が営業している段階なので、忙しい時簡で退勤する事も多かったです。
しかし、すんなり退勤出来る事は少なかったです。つまり、後30分働いてほしいなど残業を求められる事が多かったです。他にも用事があったり、早く帰りたい日もあったけどそいいう時でも残業しなければいけない状況があってちょっときつかったです。今思えば兵庫県の弁護士に労働相談すれば良かった。
別に残業を求められるのは私だけではないですし、多少なら大丈夫ですが、その頻度が多くなってくるとプライベートの予定も立てにくいので働きにくかったです。さすがに残業について不満を持っているアルバイトの人も他にもいて、長くは続かなかったですし、働きにくい労働環境だと強く感じることになったのです。まだ、残業代が出るので良かったですが、残業しなくても良いようにうまくやりくりしてほしかったです。

残業代が出ないブラック企業に勤めた3年間

以前、18人程度の小さなメーカーで働いていたことがありました。人間性を否定され退社したのですが、この解雇トラブルを兵庫の弁護士に相談すべきでした。

その当時、新卒で入社したため、夢と希望を持ってわくわくした気持ちで入ったのを覚えています。そこは化粧品をつくっているメーカーで、若い女性社長が一から立ち上げた会社でした。初めはそんなに仕事量も多くなく、定時で帰っていたのですが、慣れてきた半年頃から残業は当たり前で深夜12時を超える日が続きました。残業代は1円たりとも出ず、残業するのは自己責任ということで片付けられました。

化粧品メーカーだったのですが、小さな店舗をつくるということで、そこの営業担当になりました。ここからが地獄の始まりで、まず引っ越しに伴う費用はすべて自分のお金で、会社からは全く出ませんでした。おかしいのではないかと労務担当の人に言うと、「初めてのことだから今回はごめんね」ということで取り合ってもらえませんでした。また、営業が始まってから1週間に1度社長に報告しに行くのですが、そのとき売り上げが悪いと必ず「死んでしまえ」と言われ、机を蹴られたり、ボールペンが飛んできたりしてかなり恐怖を感じました。私はそのまましばらく耐えながら続けていましたが、同期で入社した人はうつ病になり、そのまま解雇されてしまいました。私は、3年間続けましたが、結局残業代は一度も出ず、人間性を否定されズタズタになり退職しました。

ワンマンな社長からのセクハラから退職まて

会社の方にも相談することはありましたが、しつこい社長の誘いに耐え切れず退社しました。兵庫の弁護士に相談すべきでした。
私の勤めていた不動産会社は、いくつかフランチャイズの店舗を構えていました。本社からは車で一時間半ほど離れた場所の店舗に配属された私は、
直接社長と顔を合わせる機会というと、初めの面接と、その後の研修期間のみで、配属後は本社の人間に比べて社長とは会うことも少なく、月に、多くても三回程度でした。
店舗は店長がよく代わっていました。
私が入社した時には40代の男性でしたが、毎日、終業後の報告の電話にて恫喝されており、その日の営業成績によっては「人間を辞めろ」などと酷い言葉を浴びせられ、結局は退職に追い込まれていました。
ある日、店長が不在で、初めて一人で店を閉め、報告の電話を社長に入れた時でした。
「店の様子も知りたいから、面談という形で食事に行く時間を作って欲しい」
との事で、指定された店へと向かいました。
特に仕事の話は無く、趣味について、家族について、プライベートな話の後、いずれ私を店長にしたいという話を受けました。
仕事に前向きだった私は素直に嬉しかったです。その日は帰宅しましたが、すぐにまた、個人の携帯へ連絡が入りました。
同じ店で二度目の食事をしました。「次は、プールへ行こう。水着を持ってくるように」と言われ、リゾートのホテルを予約すると言われました。
帰り道に、高級ブランドショップの前で「何か好きなものを買ってあげる」と言われ断りました。
さすがにプールへ行くのはおかしいと、断りの電話を入れると、三度目の食事に誘われました。食事の後、最上階のラウンジへ行き、お酒を飲みました。「もう一軒行こう」と誘われて断ると、態度が豹変。穏やかだった態度は苛立ちが見え始め、言葉もきつくなり、
最後には、店長にしようと思っていることをちらつかせられ、仕事の話がしたいとのこと。
その時私は20代半ばで、社長は50代でした。社長のワンマンさは、本社から離れた店舗の私でも知っているぐらいで、気に入らない人材は簡単に退職に追い込むことができる人でした。
門限があると、なんとか角を立てないように振り切ることが出来ましたが、その後しつこくプールへ誘われました。
本社の、良くしてくれた方に相談したりしましたが、結局は社長がいなければ成り立たない会社。
なす術なく、私が退職するほかありませんでした。

残業代が一切出なかったブラック企業

私は労務管理が全くされていない職場を鬱になる前に辞めました。新卒入社で料理教室の営業スタッフとして働いていました。土日祝は営業成績が良くなければ休みを取ることは不可、結婚式などで休むことも禁止でした。料理教室の営業時間は10時〜22時だったのですが、定時上がりの時間も22時でした。生徒がいたら22時に上がれるわけもなかったのですが、片付けが遅いだけという理由で残業代は一切でませんでして。タイムカードを切った後に発注をしなければならなかったり、ミーティングが始まったりサービス残業もとても多かったです。店長の許可がないと残業代が出ないので毎月残業代はゼロで不満ばかりでした。料理の授業に立つには勉強会への参加がいるのですが休みの日に行かなければならず、給料は一切でませんでした。交通費も自己負担でしたが、その勉強会に参加しないと授業に立てないので受けざるをえませんでした。当日に講師が休んで突然呼ばれることもあり、ストレスで体調を崩したり精神的に苦しくなったので退職しました。やはり仕事とプライベートとの境目は作るべきだと思いました。

安易なパート面接にありがちなブラック企業の実態

ブラック企業といえば、私も春まで努めていたパート勤務のテレアポ業務は、労務の相談もできない姫路のブラック企業でした。
面接でいきなり明日から来れますか、といわれ、喜んで翌日出社し、研修期間が始まりましたが、募集広告の時給とは程遠い、最低賃金の時給でスタートでした。雇用契約書にサインを促され、文句をいう勇気もなく、流れのままに業務スタートしたものの、研修期間はいっこうに終わらず、3ヶ月経っても、時給は1円も上がりませんでした。先輩のパート社員は、いつのまにか見なくなったと思えば、どうも別の会社に派遣に出されているとわかりました。入社時にはそんな説明はまったくなかったのに、おかしいと思い、ある時、上司に聞いてみましたら、説明したと一点張りでした。
また、毎月のシフト希望も、会社の都合で直前に削られ、明日は来なくて良い、とか今日から月末まで休んでほしいとか、一方的な都合ばかり鵜呑みにさせられていました。少し不満を言おうものなら、みんなの給料が払えなくなったら困るから、と会社都合の理由で押し通されました。
まったくブラック企業に足を踏み入れてしまい、無駄な半年を過ごしてしまいました。やはり安易なパート面接入社には要注意です。労務に相談することもできず、結局、退職時にはどこにも訴えたりしないと念書まで書かされました。ブラック企業恐るべしです。

有給休暇が保証されない会社

正社員として10年以上も働いた後、派遣社員としてフルタイムで2年間働きました。
ほとんどが非正規雇用という職場で、派遣社員の数も多く、いろんな派遣会社に所属していました。親しくなっていろいろ知るうちに、同時期に入社して同じ仕事をしていても、派遣会社によって待遇が多少違うことがわかってきました。
中でも驚いたのは、有給休暇を取る時には、1週間ほど前から申請しなければいけない派遣会社があったことです。風邪で急に欠勤する時は無給扱いになり、さらにその派遣会社では、有給休暇の際の賃金も100%支給されるわけではなく、6割程度しかもらえないということでした。それって違反ではないの?正社員だった時には考えられないことなので、姫路の労務に詳しい弁護士のサイトをネットで調べてみると、労働基準法の規定に違反しているわけではないようでした。それにしても、有給休暇の取得に制限を設けたり、賃金を100%支払ってくれないのは、企業としてどうなの?と思わずにはいられません。隠れブラック企業といってもいいでしょう。
働き方改革が連日ニュースとなっていますが、政府にはこういうベーシックな部分を改善していってほしいと思います。