ブラック企業に就職したら最低な結果になった

建設会社の施工管理職を希望して入社しました。
その会社は、派遣労務や企業労務の弁護士が驚くほどのブラック企業中のブラック企業でした。

入社当日午前8時から深夜2時まで仕事をさせられました。
初日はどこの会社でも残業は無しか、少しだけなはずです。

その会社での残業は毎日6時間前後あり、入社1ヶ月の間で残業と休日出勤を合わせて、働き必要のない仕事の時間が200時間を超えました。

休日出勤の日だけ夕方に帰らせてもらえるものの、本来ならば休みです。

初めての給料を見て驚きました。

手取りが19万円だったのです。

残業時間、休日出勤の分は1円も支払われていなかったのです。

社長に直接残業手当や休日出勤のこと、計算が合わない旨を伝えました。

驚くべき回答が返ってきました。

「入社して間もない能力もない人間に払う義務がない。勉強をさせてやっている。支払うに値するようになれば支払うこともある」と言ったのです。

すぐに労働基準監督署に連絡をして、本来貰えるはずの金額を計算してもらい、退職届と共に提出しました。

すると、「会社を辞めさせない。うっとうしいことを言ってきたから給料も払わない。タダ働きで数ヶ月働いて反省して頭を冷やせ」と言ってきました。

私は、話にならないので会社を辞めると書いた退職届を会社宛てに送り、労働基準監督署から指導をしてもらったのですが、「辞めることを認めていないから無断欠勤をしてる。損害賠償を払え。俺を腹立たせたから謝罪文を書け。」と1ヶ月毎日言われ続けました。

警察にも相談し、しつこいので書く必要もない謝罪文を書き、2ヶ月後にようやく辞めることができました。

払われるべきお金は諦め、もう二度と関わらないように引っ越しもしました。

職員の態度を黙認していた会社

PR|姫路の労務に詳しい弁護士|

個別指導塾では、正社員だけでなく大学生アルバイトも雇っているところがあります。むしろアルバイトだけというところも多いです。そしてやっぱり、傾向として大学生は生徒と授業中におしゃべりに興じ、そのまま授業が終わるというケースも少なくなりません。男子大学生は、男子生徒と女性のことについてセクハラとも取れるような内容を話していました。彼らだけの空間ではなく、周りにも聞こえています。女子大学生は、自分の彼氏のことを女子生徒に話していました。私の記憶が正しければ、塾とは生徒に勉強を教えるところです。時には雑談も必要ですが、ずっとその話をしていて良いとは思えません。そしてこれを会社としては注意してくれないのです。私はこのことについて上司に相談したことがあるのですが、なんと黙認していました。学力の低い生徒をそのような大学生に充てていたのです。勉強をしたい頭の良い子はきちんと教える先生に当たるよう組むという塾の闇が見えました。

Webページ制作、修正回数制限なしの契約

これは私がWeb制作会社に勤めていた時、実際にあった案件です。
通常、Webページ制作はデザイナーさんがPDFや画像ファイルで、Webページのイメージをクライアントにお見せして、クライアントの求めるイメージとすり合わせていき、クライアントが納得したところで実際の制作に入ります。
専門的な話は省略しますが、製作途中でもクライアントさんの意見をくみ、徐々に軌道修正しつつ、完成までもっていくことになります。
ですが、完成まで行っても「やはりここはちょっともう少し・・」といった希望が出るクライアントさんも多くおられます。そのため、「大幅な修正でなければ3回まで。」と言ったような、限定された内容で契約するのが一般的です。 たぶん。
弊社(元)では、社長が企業労務の知識がなく、いい加減の極みであり、度々大きな問題が起こっておりました。もちろんしわ寄せは社員に来るのですが・・
数多ある問題の中で、特にひどかったのが「修正回数の制限を設けない」契約です。
もはや仕事として成り立っていません。
どういった経緯でこのような契約が結ばれたのか分かりませんが、最終的にこのWebに行われた修正は3桁を超えます。受注から2年以上たったころ「やっぱりほかの会社に依頼する」とのクライアントの申し出により、この仕事はキャンセルされました。
社長は「ペンギン」が好きで、社内には色々なペンギングッズがおいてあったのですが・・キャンセルが通達された翌日、何匹かのペンギングッズが行方不明になり・・MIO(Missing In Operation)ったと社員の間で囁かれていました。この案件は、出来高制で「Aさん」が担当していました。社出来高制のあたりもうおかしいのですが・・。腹に据えかねたAさんが・・との憶測もありましたが不明のままです。

「修正回数がXX回」と言った契約は、Webに限らず、デザイン系の仕事なら何でもありうることかと思いますが・・無制限は有り得ませんね。

生活の全てが仕事で終わってしまう会社

初めて就職した会社の労働時間がブラックでした。空調設備系のいわゆる現場監督をする会社になります。会社案内には完全週休2日制、勤務時間9:00~17:30と書かれていたのですが、出勤は毎日現場に7:30に来るように指示されました。理由は建設現場はどこも朝8:00から朝礼を行うからです。それは仕方のないことなのですが、その分の残業代は、「申請しないのが常識」とのことで、支払われませんでした。スタートから不信感が募りましたが、その後もハードな要求をされます。大抵の建設現場は土曜日も稼働するため、毎週土曜日は出勤になります。これも私的には不満でした。しかも毎週土曜日に残業申請して、かつ平日残業を含めると、1ヶ月でかなりの残業時間になりますが、会社からは月45時間を越える残業は認めないとの理由で全部は申請できませんでした。加えて、ある程度の経験年数になると、今度は工場等の土日や大型連休の改修工事、商業・鉄道施設の夜間工事にも投入されました。もちろん通常の平日に工事を行う現場とかけ持ちです。代休も取れず、45時間以上の残業も認められずで、タダ働き同然で作業することが多くなりました。残業申請は月45時間を越えたことはありませんでしたが、実質100時間以上の残業をしていることも多々ありました。プライベートの時間も取れず、このままだと体を壊すと思って辞職したのですが、その後労務管理もきちんとしたまともな会社に転職してからは、最初に勤めた会社は本当にブラックな会社だったと再認識しました。

派遣社員への差別が当たり前なブラック企業

私は都内の保険会社に勤めていましたが、派遣社員に対する差別的な扱いが酷く、それを会社自体が黙認するようなブラック企業でした。私自身も派遣社員であったので、どんなに精一杯仕事をしても罵声を浴びせられることがありました。「派遣のくせに」「お前は所詮派遣なんだから」と差別的な暴言も何度もありました。私と同じフロアのそれ以外の同僚たちは正社員や派遣社員など気にせず本当によくしてくれたのですが、課長の存在がどうしてもネックでした。

その時係長に課長への不満を話しました。係長は「何とか改めてもらえるようにあたってみる」と言って、その言葉を信じて契約延長を受け入れました。しかし、3ヶ月経っても半年経っても変わることはありませんでした。私もその間何度も差別的発言をされました。係長に課長からのパワハラが何も変わってないことも言いましたが、うやむやな返事をされました。私の心はそのストレスかはどんどん病んでいき、胃潰瘍になり食事がとれないほどになりました。派遣労務に詳しい相談窓口や医者からも転職をすすめられました。

埼玉県の岡部にある某電機会社でパワハラ

ここでは企業労務を無視した、派遣会社への虐めが横行していました。部署を担当する人だったと思うのですが、ことあるごとにチョッカイを出してきました。そういう訳で退職を申し出たところ、派遣の担当がもう少し待ってくれ解決するというので、暫く我慢していたところ上司が叱責したらしく暫くは問題は解決したかにみられましたが、暫くするとやはり再開してきました。

 

X線を使う試験機があったんですが、実はこの機械は優先度が自分の部署では低く間借りしている状況でした。そういう訳で借主の人には優先してこの機械を明け渡さなくてはなりません。どうもうちの部署とは仲が悪い所為か、たびたび意地悪もされました。

 

自分は相手を怒らせないように配慮してましたが、そもそも派遣会社という差別的な思考がこの会社にはあるようで、会社の風紀を直さないと物事が解決できないんだろうな、という事から退社しました。私が見る限り、長つづきをしている派遣社員がいません。私は半年間でしたが他は数か月で辞めていきました

ブラック企業の代表だと思いました。

私は都内に住む26歳です。これは以前、物流会社の営業職として勤務していいた私自身の話です。私は新卒入社9ヵ月目に退職することを決めました。世間はそんな私のことを「根性がない」と思うかもしれません。しかし、新卒で入社した会社をそんな短期間で辞めようと思ったのにもちゃんとした理由があります。

 

当時日々の配達業務の他、お中元やお歳暮などの営業をしていたのですが、やりがいも感じず、誰かのためになっているとも実感ができていませんでした。さらに、バイク便での配達中に人身事故を起こした先輩社員の始末書を書かされたり、定時に残った仕事を上司に丸投げされたりすることも当たり前のようにありました。

 

23時頃まで働いても残業代はつきませんでした。また、頑張って営業を取ってきてもそれは「指導力が素晴らしい」として先輩の手柄になり、先輩が評価されました。「新入社員は避けては通れないこの会社の習慣」と聞かされ、「同じことを自分の後輩や部下にしたくない」と思い会社への疑問は日に日に大きくなっていきました。

 

そんな中で、ある日、私は労働者なら誰でも活用できる権利であるはずの有給を私は取得しました。すると上司からいきなり電話がきました。

 

「先輩たちが働いているのにのこのことよく休めるね」「君の仕事を代わりに先輩たちがやっているんだよ?おかしいと思わないか?」という言葉でした。私は「労働者の権利であるはずの有給も使えないのか」という企業労務管理ゼロの会社への失望と同時に、何かが落ちていく感覚になりました。そして、この電話をきっかけに「もう転職しよう」と思い退職することにしました。

仕事の押しつけや見えない圧力を受けた日々

私は大学を卒業してからずっと広告系の会社で契約社員の立場で営業をして働いていました。契約社員という立場だと、福利厚生や社会保険などの制度は利用できるものの、やはりどうしても全体的に正社員よりも弱い立場になるということを実感しながら日々働いていました。

 

私の勤務する会社では契約社員の場合は賞与もなく、ボーナスもありません。有給の日数も違います。もちろん、正社員の人たちは月収制なのに対し、私たち契約社員は時給制です。そのため必然的に月々の収入額も変わってきます。年収単位で見ればその差は大きく開きました。

 

しかし、私たち契約社員は基本的には「契約している内容の仕事のみ」を任されるわけですが、そのルールも有ってないようなものになってきていました。

 

もちろん、本来ならば正社員がすべきはずの契約外の仕事を頼まれる事も多々あり、無責任なことを押し付けられたりもします。もちろん、それにより上司に怒られたりすることも多々ありました。つまり、会社の都合の良い時だけ正社員と同じ扱いを受けました。私たちは契約社員という立場から、それには何も言えずただ従うしかないのです。

 

どんなに無理難題を押し付けられても賞与はもちろん、如何なる手当すらないというのが現状で不満が溜まってきていました。かつて、「私には責任が大きすぎてこの仕事はできません」と言ったこともありますが、「契約の分際で色々意見言えるわけ?」と部長に言われたことがあります。

 

これじゃただのパワハラです。それ以降も「契約社員の人たちは…」「社会保険を貰えているだけありがたいと思え」などと、差別的な発言をかなり受けていました。
今は契約している勤務地の仕事以外にも他府県の応援もすることになるかもと言われストレスは溜まり続けていく一方です。

 

同じ会社に勤めて、契約外の状況であるにもかかわらず、臨機応変に対応し、時には正社員と同じ、もしくはそれ以上の仕事を受け持ってこなしていくのにそこまで言われる筋合いがあるのでしょうか。労務問題に詳しい弁護士への相談も考えました。

 

私だって好きで契約社員という雇用形態で働いていたわけではありません。できれば正社員になりたいです。それなのにここまで言われると仕事をするモチベーションさえ下がってきてしまいました。

 

唯一の救いだったのは、同じチームで働いている先輩社員(正社員)の人が本当に可愛いがって面倒を見てくれることでした。しかもその人は正社員だろうが、契約社員だろうが、「同じ会社の同じチームで働く仲間」というフラットな目線で接してくれたので、心の支えになっていました。

 

そして、ある日、「契約社員」ということがどれだけ不利かを感じる出来事が起こりました。3月の年度末に向けて翌年度の経費削減を考え、同じ契約社員としてずっと仕事をしてきた同僚の契約が更新されないという出来事でした。会社のその「人権費削減」という方針の対象になるのは我々契約社員で、それに対して意見は言えない状態でした。

 

その時は私は契約を更新してもらえましたが、上司からは以前と変わらない接し方をされるため、退職をしました。
転職後は友人の誘いで友人の働く病院で医療事務の正社員として働いています。心身ともにストレスがなく、楽しく働けています。以前の仕事と比べると仕事環境が全く違います。本当に転職をしてよかったです。

胃潰瘍を煩い、退職を余儀なくされました。

私は東京に住む26歳のジュンです。大学を卒業し、正社員としての雇用を期待していましたがその働き口はなく派遣社員としてIT業界で仕事をすることになりました。時給は当時の最低賃金で、930円でした。

 

私は仕事を決め、不安な感情に押しつぶされそうになっていました。「第一印象が大事」と思い、出社日前日によろしくおねがいしますとご挨拶のお電話をしました。
電話に出てくださった方はとても丁寧で感じが良く少し緊張が解けました。

 

年度初めの4月からの勤務で、出社後さっそくミーティングに加わり業務引継ぎを受けました。パソコン操作は得意だったので、HPをFTPを使い更新作業していくこと業務内容もできそうでした。そして、先輩たちも丁寧に接してくれたので、「頑張ろう」と思うことができました。

 

私が勤務しているフロアには女性が私以外に3人いました。
2人は年上、1人は1歳下の人でしたが皆さんとても優しく、人間関係では悩む必要はなさそうだなと安心しました。私以外にも派遣社員の人は何人もいました。

 

仕事にも慣れてくると少し余裕ができました。

 

その中で疑問に思い始めたことがあります。それはとりまとめをすべきはずのの課長の仕事の仕方です。
周りのスタッフも課長に陰口をたたいているようでした。

 

周りの社員に対する態度がかなり酷いものでした。例えば、自分より年上の嘱託職員の男性に対しての暴言行為でした。
自分の機嫌でどう喝したりバカにしたりと見ているこちら側はとても嫌な気分になり怒りさえ覚えるほどでした。

 

ある時その事を皆さんに聞いてみると以前からそうであることと、そしてその上司たちもそれを見て見ぬフリをしていると聞きとても悲しくなりました。

 

私の契約期間は年度末更新だったので、3月末までの契約でしたが、年末になった頃、係長に延長の申出をいただきました。

4月からは時給も上がるとのことだったので受けしようと考えました。しかし、1つだけどうしても我慢できない点がありました。

 

それがその課長です。私自身も派遣社員であったので、どんなに精一杯仕事をしても罵声を浴びせられることがありました。まさにパワハラだし、ブラック企業の代表例だったと思います。

 

「派遣のくせに」「お前は所詮派遣なんだから」と差別的な暴言も何度もありました。私と同じフロアのそれ以外の同僚たちは正社員や派遣社員など気にせず本当によくしてくれたのですが、課長の存在がどうしてもネックでした。

 

その時係長に課長への不満を話しました。係長は「何とか改めてもらえるようにあたってみる」と言って、その言葉を信じて契約延長を受け入れました。しかし、3ヶ月経っても半年経っても変わることはありませんでした。

 

私もその間何度も差別的発言をされました。係長に課長からのパワハラが何も変わってないことも言いましたが、うやむやな返事をされました。私の心はそのストレスかはどんどん病んでいき、胃潰瘍になり食事がとれないほどになりました。医者からも転職をすすめられました。

 

大好きだった同僚にこの労務状況で胃潰瘍になったことを相談するととても残念がってもらえたのが唯一の救いでした。何とか残れないか説得もされたのですが、今後その係長がいる空間で仕事するのは本当に嫌で耐えられなかったのでその翌3月に契約を更新せず、退職することに決めました。

労働について不満に感じていること

私は高校卒業後に地元の土木会社に就職して作業員として働いていたのですが、様々な事情から辞めて現在の会社に就職しました。

現在勤めている会社は食品関係の会社で私は配送ドライバーとして働いているのですが、労務関係に問題がありブラック企業なんじゃないかと感じている点があります。

労働関係で不満に感じているのは休みが取れないことで、職場の人数が少なくてやや人手不足気味なのもありますが休みが取れない状態が続いています。

実は年末あたりに健康診断の結果が出て際に引っかかってしまったので病院で改めて検査を受けたのですが、それから休みが取れない状態が続いているので結果を聞きに行くことができずにいます。

年末どころか年が明けても状態に全く変化が無くて3ヶ月くらい病院に行けない日々が続いていたので、最終的には病院に連絡して代わりに家族に行ってもらうことになりました。

健康診断の結果に関してはそれで解決したので問題ないのですが、これからのことを考えると今の状態が続くといざという時に困るんじゃないかという漠然とした不安があります。

人手不足など会社側にも事情はあると思いますが、ずっと続いているのでいい加減に何とかしてほしいと常日頃から思っています。