残業代の問題を抱えている企業とは

よくブラック企業の問題で出てくるのが残業代の問題です。
中でも悪質なのが残業代を払う必要がないと従業員に思わせているような企業が悪質です。

 

実際にいろんな企業を見ていると小さい企業ほどそういう事を平気でやっているのが分かります。
確かに給与明細に職務手当という項目があってそれで給料を上乗せしているのは残業代を含むという考え方もあります。

 

ですが、それは無制限に働いてもそれが残業代の代わりになるという事ではないです。
でも、ブラック企業は職務手当に残業代が入っているという事を言っていくら残業をさせてもそれ以上残業代を出す気はないと平気で言う事業主もいます。

 

でも、それは明らかに未払賃金の問題になります。でも、それは明らかに未払賃金の問題になります。弁護士に労務相談するレベルです。なぜなら、いくら職務手当に残業代が入っていると言ってもそれは常識の範囲内での話で明らかに職務とは関係ない部分の残業代は含んでいないからです。

 

ですが、悪質な事業主は職務手当で残業代の支払いは終わっていると平然と言うのを見てきて愕然としました。これではいつまで経っても日本の企業は健全にならないと感じました。