3年雇用から延長できるはずが解雇に

私は以前、比較的大きな組織の職場に非常勤嘱託として働いていました。採用当初は3年満期ということでしたので私もそのつもりでいたのですが、労働組合の努力の結果、3年以降も雇用できるという制度が勤めている間に成立しました。しかし、3年目の終りになっても継続できるという説明がなく、何も通知はありませんでした。私も継続できるのならと思いつつ仕事が継続できない可能性も考えてハローワークで探しているとなんと私のポジションの求人が出ていました。つまり解雇するつもりで募集していたのです。あわてて3年以降も継続できる制度を確認してなんとその募集にもう一度履歴書を送り面接を受けるという状態までぎりぎり間に合いました。私にしてはもう一度履歴書を提出して一から面接を受けるというのは納得がいきませんでしたが、私が継続してもらうにはそれしか方法はないようでした。結果不採用ということで、面接までしたのは3年目以降の制度が成立しているために応募者を拒否できないために形だけ面接をしたようでした。おそらく5年に達すると正規に採用しないといけないのでそれをしたくないために3年で雇いどめをしたようでした。それも前例がないために正規にするときの問題を抱えたくないためだけに不採用にしたと私は思っています。派遣などの非正規雇用のの労務問題は解決が難しいです