ブラック企業の代表だと思いました。

私は都内に住む26歳です。これは以前、物流会社の営業職として勤務していいた私自身の話です。私は新卒入社9ヵ月目に退職することを決めました。世間はそんな私のことを「根性がない」と思うかもしれません。しかし、新卒で入社した会社をそんな短期間で辞めようと思ったのにもちゃんとした理由があります。

 

当時日々の配達業務の他、お中元やお歳暮などの営業をしていたのですが、やりがいも感じず、誰かのためになっているとも実感ができていませんでした。さらに、バイク便での配達中に人身事故を起こした先輩社員の始末書を書かされたり、定時に残った仕事を上司に丸投げされたりすることも当たり前のようにありました。

 

23時頃まで働いても残業代はつきませんでした。また、頑張って営業を取ってきてもそれは「指導力が素晴らしい」として先輩の手柄になり、先輩が評価されました。「新入社員は避けては通れないこの会社の習慣」と聞かされ、「同じことを自分の後輩や部下にしたくない」と思い会社への疑問は日に日に大きくなっていきました。

 

そんな中で、ある日、私は労働者なら誰でも活用できる権利であるはずの有給を私は取得しました。すると上司からいきなり電話がきました。

 

「先輩たちが働いているのにのこのことよく休めるね」「君の仕事を代わりに先輩たちがやっているんだよ?おかしいと思わないか?」という言葉でした。私は「労働者の権利であるはずの有給も使えないのか」という企業労務管理ゼロの会社への失望と同時に、何かが落ちていく感覚になりました。そして、この電話をきっかけに「もう転職しよう」と思い退職することにしました。