お昼ご飯を食べながら仕事が当たり前の職場でした

クリニックで医療事務をしていたときのことです。
その医院の診察科目は内科と心療内科でした。
医師は3人いて、看護師さんも6人ほど、受付事務も3人と、個人医院としては中規模で、患者数も一日100人は越えていました。
クリニックの昼休みは一応12時半~14時半と2時間あり、通常はその間で職員はお昼休みをとるのですが、診察が長引くとずれ込み、実質患者さんが待合室にいなくなる時間は1時間あるかないか、そしてその間に処理しなくてはいけない書類も山ほどあるので、受付事務はその間休みは全くなく、書類整理をしながらおにぎりやパンをかじるという有様でした。
しかし私は事務でも入社当初は契約社員で時給でした。他の事務員は正社員なので、あまりお昼休みという感覚はなかったようなのですが、私の場合は休めてはいないお昼休みも1時間は休憩時間として引かれています。実質1時間は無給で働いていることになり納得がいかなかったのですが、他の人はずっとそれが当たり前としてやってきたことのようで、話も出来ない状態でした。
意を決してクリニックの院長に相談するとしれっと「お昼休みはきちんととってください」ということでしたが、他の人が働いているのに1人だけ抜けるほどの度量はなく、その職場は2ヵ月で辞めることになりました。
お昼休みがないのは本来は正社員の方であっても、労務関連の法律に違反する働き方です。
それが当たり前のようにまかり通っている職場もあるのだなと、勉強になりました。